【1時間を5分にする仕事術】ロジックツリーシンキング【MUPウサギライブ|2020.7.9】

MUP USAGI LIVE

一度は思ったことがあるはずです。

なぜ、課題や勉強が進まないのか?なぜ、会議で何も進まないのか?なぜ、営業で売れないのか?なぜ、プレゼンがうまくできないのか?などなど

今回は仕事でトロい人間が、「あの人できるよね。」と言われるビジネスマンに変われるフレームワークをご紹介します。この記事で、1時間かかる仕事を5分で終わらせる方法を学んでいきましょう!

MBA FRAMEWORK

フレームワークと聞くと、「型にハマっていい仕事ができなさそう」と思うかもしれません。しかし、型にハマるからこそ、簡単に素早い動きができます。

そして、この『素早さ』こそ、今の時代に求められているスキルであることはいうまでもないでしょう。

仕事をしていると、必ず『課題』が発生します。それを解決するためにやることが議論です。すなわち、会議やMTGを開くはずです。

では、MTGで何をするのか明確になっているのでしょうか?大体が、問題をどうするかを話し合っても、結局何もまとまらず、「次回、やりましょう」と閉まります。

そうやって何時間も無駄にしてしまいます。ここで、フレームワークを使って問題をあらかじめロジカルにまとめておけば、それを報告するだけで済みます。

実は、MTGというのは『議論の場』というより、『報告の場』なのです。この考え方の切り替えこそが、1時間の仕事を5分で終わらせるポイントになります。

さて、実際にMBAのフレームワーク3つをご紹介していきます。

  1. ロジックツリーシンキング/ピラミッドシンキング
  2. 戦略キャンバス
  3. 相関性シンキング

この記事では、1番目のロジックツリーシンキング/ピラミッドシンキングについてやっていきます。

ロジックツリーシンキング/ピラミッドシンキング

基本的なフレームワークです。このフレームワークを使って、問題を整理しないままMTGを始めてはいけません。

ロジックツリーシンキング

考えることは3つです。

  • Where: どこに本質的な問題があるか?
  • Why: 問題発生している理由
  • How: どんな解決策があるか?

最低でもWhyです。理由を分からずして、MTGを始めてしまうと「何がいけないんですかね〜?」と言っている間に時間が消えます。具体的な解決策までたどり着くわけがないです。

<具体例>

『イベントで集客がうまくいかない』という問題について考えたいと思います。

まずは、ロジックツリーを用いた、KPIマネジメントです。

集客に落とし込むと…

会議が進まないのは、いつまで経っても左側の部分を議論しているからです。決定するのは、オレンジや黄色の部分になります。

ここで大切なのは中項目の『マイクロコンバージョン』です。しっかり、数字に落とし込んで、どこに問題があるのか見える化しましょう!

さて、いきなり使って無視をしたKPIマネージメントですが、ゴールまでの過程にインセンティブを与える管理方法です。ゴールまでにどう行動すべきかを示してあげることでモチベーションが保たれます。

  • KGIマネージメント
    目標に対して、インセンティブ(評価)を与える。
    『100人の申込みをとってこい!』
  • KPIマネージメント
    目標までの過程にインセンティブを与える。
    『チラシを配った数だけお金あげるよ』
    『それが申込みに繋がったらもっとあげるよ』

KPIマネージメントのいいところは、”マネージメントをせずに、マネージメントをできることです”

「お前、まだ5人からしか申込みとってきてないのかよ!チラシ本当に配ってんの?」というマネジメントをしなくても、チラシを配るのです。

ピラミッドシンキング(カンニングペーパー)

これまで考えてきたロジックツリーをMTGなどの場で今度は伝えないといけません。ピラミッドシンキングは『情報や思考の整理をするためのフレームワーク』になります。

このFWが活躍するのは、以下のような”伝える場面”です。

  • 社内プレゼンや社外営業など
  • サイト・ブログ構築、動画の構成など

プレゼンや営業前にピラミッドシンキングのカンニングペーパーを準備しておくだけで、上司や営業先から「これって何なの?どうなの?」という質問に対して、頭を抱え込まずに済みます。

実はピラミッドシンキングの構造はよく見るやつです。しかし、これを正確に使えている人が意外と少ないです。

  • ピラミッドシンキングのやり方
  • 上段に課題を書き入れる
  • 中段に課題の要因を3つ書き入れる
  • 下段に要因の原因を3つ書き入れる

まず、一番上に課題を書きます。中段には、原因ではなく要因を書きます。その下に原因を書きます

下段の原因に関しては必ず3つを用意しましょう。これを用意すれば、上司や営業先に負けることはありません。

なぜか?なぜ3つなのか?

それは、『証拠率』の考え方から来てます。『根拠の数が結論に結びつける可能性』です。

柔らかくいうと、『何個の根拠をだすと、どれだけ信じてくれるか?』が証拠率になります↓

  • 根拠が1つの場合:66%
  • 根拠が2つの場合:75%
  • 根拠が3つの場合:80%
  • 根拠が4つの場合:83%

根拠が4つ以上になると、証拠率の伸びが悪くなるため、一番コスパがいいのが3つというわけですね。

まとめ

売上げが伸びない、集客に困ってる。。。など問題に直面したらまずやることが、今回ご紹介したロジックツリーとピラミッドシンキングです。

  1. ロジックツリーで課題の細分化と原因の特定
  2. 課題の解決策をアクションプラン化
  3. アクションプランをKPI管理
  4. 周りとの共有にはピラミッドのカンペを用意

僕が、特に大事だと思ったことは”とにかく行動に注目すること”です。

具体的な行動に落とし込まないといくら考えても何も変わりません。アクションプラン化とその管理の部分に注力して色々と問題解決をしていきたいと思います。

おまけ~限定質問コーナー晒しちゃいます~

ウサギ限定コンサル並みのQ&Aコーナーです。こちらはメモなので”なぐり書き”にご了承ください。

<理系3年から>

学生の時、竹花さんは将来についてどう考えていたか?
企業が人を必要としない時代、人間の価値が下がる。→企業じゃなくて、個の時代

ソフトバンク→ソンが
前澤社長→ZOZO
就職のための学生期間ではなく、自分で生きるための学生期間学生のうちに社会人にならないとダメ。

社会人は今使えるスキルを学ぶ必要がある。それは学生も、今使えるスキルを使えるようにならなければならない。社会で使えない学びを徹底的に排除していく必要がある。スキルに変えていく。もう学校やめて就職した方がいいと思うよ。

<観光庁からの給付金>

給付金を使ってプロジェクト。
地方創生について。地方にきて欲しいと思うはず。地方盛り上がっても、首都圏に届いてない。東京での活動が必要=SNSしかない。人を集める。ツアーを組む。この人とならいくなどの違うトリガーが必要。『私といきましょう!』違う付加価値。自分のツアーを作って初めて客がくる。ツアーが面白い。箱根とか草津の方がいいし、場所に価値をおいては行けない。そういうもんだ。

<副業ができない>

公務員だから、兼業しながらは無理。じゃあ、奥さんに会社に持たせて、あなたが売上げなければOK。奥さんにボランティアしてあげる。

<サブスクの利用者側のメリット>

改善してくれる点。民主主義だよ。使って使って、フィードバックして変えてもらう。自分たちの国。定額制にはメリットがない。一括が好きな人もいる。

<何もスキルのない学生のSNS>

スキルを身につける過程のストーリーは価値、できないことも価値やで。発信は何かしらある。発信ってことに価値があるんだよ。

<美容クリニック系のIG運用>

プッシュ広告に見られる。美容院にキャンペーンを外部でやっている。高須クリニックとか。信頼は大手に勝てない。勝負しては行けない。
アットホーム感で、普通の生活、人でやっていく。会社じゃなくて、人が情報を発信していく。